イベントを読み込み中

- 6th Anniversary -

Tokyo Festival of Modular 2019

- Day2 -

Tokyo Festival of Modular 2019

開催7回目を迎える日本最大のモジュラーシンセイベント

今年で開催7回目を迎える、日本最大のモジュラーシンセサイザーとエレクトロニック・ミュージックによるフェスティバルTokyo Festival of Modular “TFoM” (http://tfom.info/) が11月16日、17日にContact、同ビルStudio Missionで開催される。国内外から招聘した30組以上のモジュラーシンセアーティストが出演。
2日目に登場するRoel Funckenは、’90年代から活動を続けるオランダ出身のプロデューサーで、ユニットFunckarma名義での活動や、ソロ活動では自身主宰のレーベルや様々なレーベルから楽曲を発表し続けており、現在のモジュラーシンセを取り入れた最新のスタイルに注目が集まっている。また、ベルリン在住のアーティストTakahisa Mitsumori (Mergrim) や新ユニットHojoiwa、Naoki Nomoto、台湾のMadzineなど、海外/国内共に最新のエレクトロニックミュージックのライヴが繰り広げられる。その他国内外問わず、コンセプトに合致した多種多様なパフォーマンスやメーカーがオススメするアーティストのライヴも予定されている。

音ばかりではなく、サウンドとシンクロし、刻々と変化する会場内に投影されるビジュアルもまた、モジュラーシンセアーティストのVJによるもの。鮮烈な音と映像に包まれる体験は、TFoMのステージならでは。また、50以上の世界中のメーカーや販売店等の協力のもと、最新の電子楽器などを体験できる展示やビギナー向けブースが設置される。

 


 

[ 両日券 2日間通し ¥5,000 | 当日券 各日 ¥3,000 ] ◎展示会/コンサート両会場共通

※チケットはContact/Missionの各会場入り口でご購入ください。(前売券はございません)
※Contact入場時にはエントランスにて1ドリンクチケット (¥600) をご購入いただきます。

 

 

【 展示会 @Mission (Contact同ビル7F) 】*OPEN 12:00 CLOSE 18:00

・モジュラーシンセ/最新電子楽器を体験できる展示ブース
・各メーカーによるデモ、レクチャー、インタビュー

STUDIO X

– CLOSE –

 

FOYER

Roel Funcken (Cwejman | The Netherlands)
WORNG (WORNG | Australia)
Colloid (Ginko Synthese | The Netherlands)
The Swedish Movements (Synthrotek | US)
Betasquare (Xor Electronic | The Netherlands)
MD Cook (WYWS | Australia)
Michael Johnsen (Pittsburgh Modular | US)
Richard Nicol (Pittsburgh Modular | US)
Asterisk Untitled (Erica Synths | Latvia)
Novcf (Frap Tools | Italy)

CONTACT

Hojoiwa
Takahisa Mitsumori (Mergrim)
Naoki Nomoto
Madzine
Lef!!!Crew!!!
Massif Central
Isei Ben
Tinclocks

Daliepy (Dummy)
Yuujin

OPEN
17:00
 CLOSE
22:00 
| 1DAY DOOR 
¥3000+1D (¥600) 
2DAYS PASS 
¥5000+1D (¥600/DAY)
GENRE
Experimental
 | 
Electronic
 | 
Ambient

7th edition of Japan’s biggest modular synth event

This year marks the 7th edition of Japan’s biggest modular synthesizer and electronic music festival hosted by Tokyo Festival of Modular “TFoM” (http://tfom.info/), a 2 day event at Studio Mission and Contact (same building) taking place on 11/16 and 11/17 with over 30 artists from worldwide and local specializing in modular synthesis.
Day 2 invites Roel Funcken, a producer from the Netherlands who has bee active since the 90’s. Known for the unit Funckarma, solo projects, label owner, he has been continuing to release productions that incorporate the use of new modular synths from various labels. The Berlin-based Takahisa Mitsumori (Mergrim), the new unit Hojoiwa, Naomi Nomoto, Madzine from Taiwan will be supporting the headliner with live performances perfectly fit for the event’s concept.

 


 

[ 2 days pass ¥5,000 | Door admission per day ¥3,000 ] ◎Exhibition and concert space

※Admission fee can be paid at the entrance of Contact or Mission.
※1 drink charge (¥600) at the entrance of Contact.

 

 

【 EXHIBITION @Mission (7F of the same building as Contact) 】*OPEN 12:00 CLOSE 18:00
・A hand-on showcase booth of new electronic equipments.
・Demos, lectures and Interviews by various brands/makers.

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。