イベントを読み込み中

- 6th Anniversary -

Tokyo Festival of Modular 2019

- Day1 -

Tokyo Festival of Modular 2019

開催7回目を迎える日本最大のモジュラーシンセイベント

今年で開催7回目を迎える、日本最大のモジュラーシンセサイザーとエレクトロニック・ミュージックによるフェスティバルTokyo Festival of Modular “TFoM” (http://tfom.info/) が11月16日、17日にContact、同ビルStudio Missionで開催される。国内外から招聘した30組以上のモジュラーシンセアーティストが出演。
1日目は、LAミニマルシーンの立役者でもあり、フロアを埋め尽くす激しいダンストラックからアンビエント/先鋭的なプロジェクトまで様々なスタイルと名義で活躍しているカリフォルニアの鬼才、Drumcell。HypoxiaやBelief Defect (Raster) での活動でも知られる彼の日本初となるモジュラーシンセによるライヴを披露。また、電子音楽機器の紹介やクリエイター達へのインタビューをおこなうTRASH AUDIOの中心人物でもあり、キュレーターなども務める電子音楽家/サウンドデザイナーのSurachaiが初来日し、オーディオ・ヴィジュアルライヴを行う。オランダのユトレヒトでチェロとモジュラーシンセサイザーによる実験的なアプローチと作品でも知られるMaarten Vosも初来日となる。

一方、昨年最もダンスフロアを踊らせるライヴを披露した出演者の1人であるKabukiが更にアップデートされたパフォーマンスでフロアを揺らす。その他国内外問わず、コンセプトに合致した多種多様なパフォーマンスやメーカーがオススメするアーティストのライヴも予定されている。音ばかりではなく、サウンドとシンクロし、刻々と変化する会場内に投影されるビジュアルもまた、モジュラーシンセアーティストのVJによるもの。鮮烈な音と映像に包まれる体験は、TFoMのステージならでは。また、50以上の世界中のメーカーや販売店等の協力のもと、最新の電子楽器などを体験できる展示やビギナー向けブースが設置される。

 


 

[ 両日券 2日間通し ¥5,000 | 当日券 各日 ¥3,000 ] ◎展示会/コンサート両会場共通

※チケットはContact/Missionの各会場入り口でご購入ください。(前売券はございません)
※Contact入場時にはエントランスにて1ドリンクチケット (¥600) をご購入いただきます。

 

 

【 展示会 @Mission (Contact同ビル7F) 】*OPEN 12:00 CLOSE 18:00

・モジュラーシンセ/最新電子楽器を体験できる展示ブース
・各メーカーによるデモ、レクチャー、インタビュー

STUDIO X

Drumcell (US)
Surachai (US)
Kabuki (Germany)
Maarten Vos (The Netherlands)
Satoshi Tomiie (Abstract Architecture) -Hardware Live Set

 

FOYER

[INSTALLATION]

PaperTracker

CONTACT

Renick Bell
K2
Hiroshi Hasegawa
Eishi Segawa
Kawa
Plugman
Masayoshi Sakaguchi
Kaz_x

 

VJ:

allotrope IJK
F∞x Laser a.k.a 1∞take

OPEN
17:00
 CLOSE
21:00 
| 1DAY DOOR 
¥3000+1D (¥600) 
2DAYS PASS 
¥5000+1D (¥600/DAY)
GENRE
Experimental
 | 
Electronic
 | 
Ambient

7th edition of Japan’s biggest modular synth event

This year marks the 7th edition of Japan’s biggest modular synthesizer and electronic music festival hosted by Tokyo Festival of Modular “TFoM” (http://tfom.info/), a 2 day event at Studio Mission and Contact (same building) taking place on 11/16 and 11/17 with over 30 artists from worldwide and local specializing in modular synthesis.
Day 1 features an artist from LA’s minimal scene with countless productions ranging from dance floor tracks to ambient under many aliases. Drumcell, hailing from California is also known for his moniker Hypoxia and Belief Defect (Raster), has been playing an important role in the scene for many years. This will be his first live set appearance in Japan using modular synths. Surachai; a key figure of TRASH AUDIO that does interviews for creators and introduces gears for electronic music, as well as being a curator, producer and sound designer will be performing an audio-visual live set. Also making his Japan debut is Maarten Vos from Utrecht, Netherlands with a unique and experimental approach incorporating cello and modular synthesizers.
Kabuki, whose performance last year left a big impact on the dance floor with his danceable performance, returns with an updated set that will surely stir up the crowd once again. Along with the key headliners, artists from worldwide and the local scene praised by fans and makers will be joining the lineup for audio and visual performances perfectly fit for the event’s concept. With the support from over 50 electronic equipment makers from all over the world, the audience (beginners to advanced) will be able to experience first hand on some of the new and innovative gears at the showcase booth.

 


 

[ 2 days pass ¥5,000 | Door admission per day ¥3,000 ] ◎Exhibition and concert space

※Admission fee can be paid at the entrance of Contact or Mission.
※1 drink charge (¥600) at the entrance of Contact.

 

 

【 EXHIBITION @Mission (7F of the same building as Contact) 】*OPEN 12:00 CLOSE 18:00
・A hand-on showcase booth of new electronic equipments.
・Demos, lectures and Interviews by various brands/makers.

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。