Chloé Juliette

フランス・パリ出身。自身がオーガナイズする実験音楽を介して日本と世界とが融合するパーティManifoldでは、名門レーベル〈Morphine Records〉のボスRabih Beaini等を招聘し、東京を拠点に各所での出演を重ねつつ、アンダーグラウンドスポットにて神出鬼没。グルーヴに重点を置いたビートダウンハウスから様々なダブ、アンビエントミュージックや電子音楽全般を自在に操る独自のジャンルレスプレイでオーディエンスを魅了する。
2017年にアムステルダムのRed Light Radioでミックスを披露し、国内外のプラットフォームにゲストミックスを提供する。

 


Chloé Juliette is based in Tokyo and it is easy to tell she learned her art with the greatest Japanese selectors.
She crafts expressionnistic selections with an hypnotic groove, far from conventions, where jazz, dub and rave music meet.
Usually found at Tokyo’s underground venues known for their audiophile sound systems, she is a regular at several club nights, between ambient, raw house and dub techno. She also organizes Manifold, a night that previously presented in Tokyo artists such as Rabih Beaini on their most experimental side.