SEKITOVA

大阪、1995年元旦生まれのDJ/プロデューサー。
生まれる前からJoey BeltramやDave Angelを胎教に、様々なエレクトロニックミュージックに触れ合ってきた文字通りの第二世代。テクノ以外にも様々な音楽に影響を受け、”テクノはジャンルではなくそれと向き合う姿勢のこと”を胸に、時に細々としたジャンルの壁を越えていく事もいとわないストーリー重視のDJ。2013年、Big Beach Festival ’13のメインステージへの出演を皮切りにageHaのモンスターテクノパーティ CLASHへも度々招集され、2014年には自身の初オーガナイズパーティと連動する形で宇川直宏の主宰するDOMMUNEにて3時間SEKITOVA ONLY番組もオンエアされ話題に。2016年、Clubberriaポッドキャストに提供したミックス「CB 276」ではその世界観の一片を垣間みることができると好評を博す。Ultra Japan’14 ’16、Wired Clash、EDC’17、Boiler Room、Summer Sonic’16、Fujirock Festival’18、森、道、市場。2019など数々の舞台へ出演。地元大阪でもClub Jouleにて、TESLAを主宰しLicaxxxとのツーマンパーティは好評を呼んだ。
トラックメイクの方では2012年12月5日に初アルバム「premature moon and the shooting star」を自主レーベルよりリリースすると、砂原好徳やDJ SODEYAMAらを皮切りに数々のトップアーティストから支持される。iTunes Storeではエレクトロニック部門でトップ10入りを果たし、ミュージックマガジンが選ぶ2013年ベストチャートのテクノ・ハウス・ブレイクビーツ部門で6位入選。これが制作面でのキャリアの船出となり、その後リリースした楽曲は軒並みチャートインを記録する。2015年はセイコーウォッチ社のプライベートブランド GALANTEの10周年記念キャンペーンで音楽をプロデュースすると、森高千里をフィーチャーしたオリジナルトラック「Foetus Traum」を寺田創一「百見顔」とのスプリットでリリース。2017年には、Kyoto Metroでの石野卓球とのツーマンパーティに併せて「Takkyu Ishino – Lunatique (SEKITOVA Remix)」をSoundcloudにて発表。その翌週にはANIMAL HACKの楽曲「Moment」のリミックスが発表されると、アルバムチャート最高13位にランクインした。2018年は2年ぶりとなるオリジナルシングル「Escape」とBOOM BOOM SATELITESの中野雅之が手がけるシンガー、XAIの楽曲であり2017年に公開の映画「GODZILLA 怪獣惑星」のテーマソングでもある「White Out」のリミックスを立て続けにリリース。2019年はネジ製造工具会社のYAMAWAが業務において発生する作業ノイズを使用した楽曲「Even If You Don’t See It」を発表した。2020年「Omi ep」をリリース。その後も多彩なリリースを控えている。