鎮座DOPENESS

鎮座DOPENESSは東京都調布市出身、EMIミュージック・ジャパン所属のミュージシャン兼ラッパーである。
中学校在学中、スチャダラパーの「今夜はブギーバック」を聴き、ヒップホップ・ミュージックへ傾倒。
2000年、ケツメイシの1stアルバム「ケツノポリス」収録の「CLUBへ~熱帯夜 mix~」に客演として参加。また、クラブイベントで知り合った友人らと共にユニットを結成し、作品を発表するなどの活動を行う。
2009年には、1stソロアルバム「100%RAP」を発表。
日本最大規模のMCバトルコンテスト「ULTIMATE MC BATTLE 2009」にて全国優勝を果たす。2010年リリース「MOGU MOGU」のミュージックビデオがSPACE SHOWER Music Video AwardsのHip Hop部門へ入選。
そして日本最大規模の音楽祭Summer Sonic 2010に、鎮座DOPENESS & DOPING BANDとして出演。2011年、学校法人東京モード学園のCM音楽となった「MODE」を鎮座DOPENESS & HIFANA名義で発表。HIFANAと共に、パリのポンピドゥー・センターをはじめとする計5箇所のヨーロッパツアーを開催。
2012年、鎮座DOPENESS & DOPING BANDとして1stアルバム「だいぶ気持ちいいね!」を発表。