Soloist Anti Pop Totalization

(Polytechnic Youth | Generation Young and Cold)

東京出身のエクスペリメンタル・ミニマル・シンセ・アーティストSoloist Anti Pop Totalization。
2016年に宅録シンセプロジェクトSoloist Apartmentとしてスタートする。その後、プロジエクト名変更を経て、Second ApartmentやWAR/ZIT等、様々なジャンルのアーティストとのコラボやリミックスを手がけ幅広く活動する。

Roland SH-101、TR-606、MC-202、DR-55などのビンテージシンセサイザー機材を中心にサウンドを構成。一見するとそのサウンドは金属的で無機質なサウンドだが、”幅、音像、熱量 “などに重きを置いている。また、過去タイトルの評価により、現在進行形で海外のラジオやDJ/アーティスト達にトラックをセレクトされ続けている。

2017年 Violet Poisonなどを手がけたイタリアのDub-itoより12インチ・ヴァイナルリリース。
2019年 DEBAUCHMOODより1stアルバム(LP+CD)リリース。
2020年夏 UKの〈Polytechnic Youth〉よりアーティスト5組収録のサンプラー『SOME NEON REASON』リリース。
2020年秋 ドイツのコレクターズレーベル〈Minmaikombinat〉より過去タイトルのカップリングアルバムリリース。

 

【Bandcamp】
https://soloistapartment.bandcamp.com/