DJ K-Katsu

(SOLE channel Music NYC)

大阪に根を張りつつも国境を越えて活動を行うDJ。99年末に活動開始。
ニューヨークのディープハウス、ガラージ、ディスコ、ソウルといった様々なダンスミュージックに影響を受け、国内外の現場にて数々のアーティストと共演経験を積む。現在は、毎週月曜開催中のパーティ Monday Channelを中心に、良質なハウスミュージックを届けている。
鉄板のクラシックから今NYで流れている最新のハウスミュージックまで柔軟にセレクト。フロアの温度を敏感に察知しながら展開しつつもNYとの時差を限りなく0に近づけたこだわりのプレイに定評がある。
ダンスシーンからの信頼も厚く国内トップレベルのダンスバトル(JUST DEBOUT JAPAN, Summer Dance Forever Japan , DANCE@LIVE, THE GAME etc…)や、HOUSE DANCE CROSSINGといった国内最大規模のパーティでもプレイ。ここぞという場面に欠かせないフロアのナビゲーターと言える。
毎夏の渡米では、ニューヨークの主要クラブでギグを行い、現地のアーティストからも一目置かれる存在である。その経験を活かし、毎年ゴールデンウィークに阪急梅田で開催されるニューヨークフェアにてDJやブッキングを担当するなどストリート以外の場面においてもニューヨークと日本の架け橋的存在として注目を集めている。
さらにニューヨークハウスミュージックの日常的(=雑音的)を表現した「Big Apple Noize」、そして所属レーベルのカラーを表現した「SOLE THANG」という2つのミックスシリーズをハイペースでリリースしており、現場以外の場面においてもストイックに音楽と向き合い続けている。
日本のリスナーにニューヨークのヴァイブスを届けるナビゲート精神と全国のプレイヤーと気持ちの部分で繋がるホスピタリティの精神は、フロアを包み込むようなDJに表れている。
コロナ禍においても、CORNER DELI STOREでのオンライン販売や自宅からのDJライブ配信など、発信力は一切低下せず、あくまでリスナーやヘッズの日常に寄り添いながらカルチャーを提供している。

2016年、ハウスミュージックのレーベルである〈SOLE channel Music NYC〉に正式加入。
2019年、オンラインショップ CORNER DELI STOREをオープン。NYでしか手に入らないアイテムや現地のアーティストとコラボしたオリジナルアイテム、そして「Big Apple Noize」「SOLE THANG」の2つのミックスシリーズのデータもダウンロード購入可能。

text by Seiji Horiguchi