starRo

ジャジーなコードワーク、ヒップホップ、R&B、アフロビーツ、トラップ、ハウス、アンビエント、インディーズロックなど様々なジャンルを全て消化したジャンルレスなスタイルで独自の音楽を生み出す、UPROXX誌曰く、「恐らく、本当の意味でグラミーにノミ ネートされた最初のSoundCloud発プロデューサー」。
2010年からJanet JacksonなどのリミックスなどでーSoundCloudで頭角を現し、2013年Gold Link、Tom Mischなどを排出したネットレーベル〈Soulection〉と契約。
1ヶ月で300万再生を記録したFrank Oceanリミックスなどのリミックスワークだけにとどまらず、インストトラック、シンガー・ラッパーをフィーチャーしたオリジナル楽曲提供、最近ではPOPS研究会名義で自身がボーカルも務める一人バンドプロジェクト、DJなど、活動スタイルも多岐にわたる。
ロックバンドを髣髴させるエネルギッシュなアクションと楽器演奏を織り交ぜた独特のライヴスタイルも注目を集めており、Soulection FounderのJoe Kayから”間違いなくこれまでのベストアクト”と評される。Anderson Paakの欧州ツアーサポート、Chet Faker、Little Dragonの北米ツアーサポート、Joey BadA$$、Kaytranada、DJ Premier、Flume、Giraffage、Gold Linkなど数々の共演、各種フェスティバルの出演、自身の世界アーなど、パフォーマーとしての地位も磐石なものにしている。
2017年グラミー賞最優秀リミックス部門にノミネートされた以降は、商業音楽のプロデューサーも経て、2019年に日本帰国。音楽活動の傍ら、執筆やワークショップ、支援活動を通して日本のインディーズアーティストの活性化のための活動にも従事している。