Norihiko Kawai aka Nori

(posivision | Amsterdam)

オランダはアムステルダムを拠点に活動するDJ、ミュージックメディアの編集者/ライター、パーティー・オーガナイザー、アーティスト・ブッカー。

ヒプノティックかつアシッディーなハウスやテクノをセレクトし、ディープでインダストリアル、そしてトライバルな雰囲気を醸し出すDJであると同時にDJバーやカフェなどの落ち着いた雰囲気の空間もこなす万能型DJ。

東京で20年以上に渡り活動したのち、2015年にオランダへ移住。音楽メディアを通じ行なってきた活動は、 日本のみならず欧州を中心とした多数のレーベルやエージェントからの信頼を集めるようになった。東京在 住時にはclub Airや青山LOOP、bar bonobo、SpaceGathering、渚音楽祭等でレギュラープレイを重ねると 共に国内のクラブや野外イベントで、DJ/オーガナイザーとして数え切れない数のパーティーに携わってきた。

2008年からは徐々に欧州での活動が増し、数万人規模のBoom Festival (ポルトガル)やElectron Festival (スイス)を始め、ベルリンのSuicide Circus、ドイツ7都市、イギリス、スイス、ポルトガル、ベルギー、 スロバキア、スペイン等の国でもギグを行なっている。ポルトガルの〈Flow Records〉やドイツの〈Snork Enterprises〉のレーベルDJにも抜擢されたほか、ロンドンの名門クラブfabricのメインフロアRoom1にて開催されているロングランパーティー WYS!にも3度出演。また、拠点としているオランダでは、アムステ ルダムのローカルなバーに名箱MelkwegやGarage Noord、Noorderlicht Cafeに加え、世界的なオンライン ラジオ局Red Light RadioからAmsterdam Dance Eventに至るまでのプレイ経験を持つ。アシッディーなエレクトロサウンドが主流の街デン・ハーグのクラブ PIPにおいても定期的にプレイを重ね、野外フェスティ バルでは1ステージを任されるなどと徐々に信頼を獲得している。 2017年にはオランダでテクノデュオ・NOSを結成し、2つの作品をドイツのテクノレーベル〈Snork Enterprises〉からリリース。2011年にはドイツ大手ディストリビューターWordandsoundと共同で東日本大震災のチャリティコンピレーションも制作。 現在も国内メディアにおいて音楽作品やイベントのレビューを担当すると同時に、欧州を中心にさまざま な音楽文化やアーティストに触れ、エレクトロニック・ミュージックとパーティーカルチャーの深い可能性 を探求し続けている。

 

Production&Activity (抜粋)

2020  Matsu Premium tea & Coffee (スロバキア) 店内ミュージック担当

2019  アムステルダムで開催されたアートイベントThe Portalの音楽コンテンツ担当

2019  オランダはデン・ハーグで開催されたLaserfest 2019で1ステージ担当

2018  ドイツの〈Snork Enterprises〉よりNOSとして2トラックをリリース

2011  ドイツの WORDANDSOUND と共に東日本大震災チャリティコンピレーション 「JAPANESE」の企画制作

2007  ミックスCD「Renature」をリリース