SUGIZO × HATAKEN

SUGIZO
作曲家、ギタリスト、ヴァイオリニスト、音楽プロデューサー。
日本を代表するロックバンドLUNA SEA、X JAPANのメンバーとして世界規模で活動。
同時にソロアーティストとして独自のエレクトロニックミュージックを追求、更に映画・舞台のサウンドトラックを数多く手がける。
2006年に英国サイケデリック・トランスのオリジネーターJUNO REACTORに参加。
2020年、サイケデリックジャムバンドSHAGを12年振りに再始動。音楽と平行しながら平和活動、人権・難民支援活動、再生可能エネルギー・環境活動、被災地ボランティア活動を積極的に展開。アクティヴィストとして知られる。

HATAKEN
モジュラーシンセサイザーライヴパフォーマー、エレクトロニックミュージックプロデューサー。
モジュラーシンセを駆使し新たなエレクトロ ミュージック表現を探求。 国内をはじめ、世界中のモジュールメーカー/アーティスト/ファンから注目されている。
90年代より北米、欧州、アジア各地のフェス、クラブで精力的にライヴ活動を行い、Greg HunterとのデュオWåveshåperは高く評価されボックスCDとして再発される。
2021年から東京大学memu earth labによるOtocareプロジェクトにも参加。“環境において音が培う価値”についての研究中。
▶︎Official Website

[http://hataken.info/]