GiGi FM

ベルリンを拠点とするGiGi FM(Giulia Fournier-Mercadante)は、フランスとイタリアの血を引く新星だ。
パリで生まれ育ち、バレエを通じてニューヨークへと移住し高度なレベルでダンスについて学び、さらに移住したロンドンでは、音楽やサウンド、ダンスやアートへの独自のアプローチを確立させていった。
やがて彼女はサウスロンドンのミュージックシーンで確固たる地位を築いてDIYスペースでのパーティを開催し、Make Me等への定期出演、そしてロンドンで開催される数多のパーティへ出演を果たしていく。
Donato Dozzy、Bjork、Function、Neel、Aleksi Perrälä、Pierre Henry、E. SatieやSuzanne Cianiらの音楽に影響を受けたと語るGiuliaは、ブースに立つ時と同じく、スタジオでもクリエイティブに活動している。
またベルリンではパフォーマンスアートにおいても活動的であり、日々進歩を重ねている。
NTSラジオでのレジデンシーでは、Crossing Avenue、Azu Tiwaline、Bambounou、MidgarやDonato Dozzyらをフィーチャーし、彼女の音楽的なパレットをさらに探求している。
最新のEPである「Magnetite」というタイトルは、地球の電磁場の運動力を感知する鉱物を指しており、ダンスという自身のバックグラウンドを活かし、モーションセンサー技術を使用し、スタジオワークで培った技術的レパートリーとともに、MIDIを介してサウンドとエフェクトの誘引を表現した。
彼女のデビュー・アルバム「KiwiSynthesisDiary 21k」はAbletonを使用して制作され、自身の考えや感情、夢を引き出すものとなり、彼女のハッピーワードである“kiwi”が冠されている。
彼女の作品は儀式におけるダンスと音楽の古代の役割に触発され、オーディエンスとの同調し真の没入体験を生み出すことや、さらなる調和への本能的な欲求に基づくものである。
Boiler RoomやNTSラジオ等を通じて熱烈なリスナーを獲得しており、また各著名なフェスティバルやクラブへの出演を続けている彼女だが、これからも成長を続け、様々な境界を破り、芸術的空間の中でますます存在感を高めていくことになるだろう。