Prettybwoy

(Polaar | Svbkvlt)

Prettybwoyは東京を拠点にガラージ、グライムを軸に独特な視点を持ってプレイするDJとしてスタート。
2013年、〈Big Dada〉からリリースされたコンピレーション「Grime 2.0」に唯一の日本人として参加。その後、自身の作る音楽とグライム・ガラージという固定ジャンルの呪縛に悩む。その試行錯誤の産物として2016年立て続けにフランス〈Polaar〉から「Overflow EP」上海〈Svbkvlt〉から「Solstice」2枚のEPをリリース。
その独特なサウンドとミックスを武器に初の北京~上海ツアーを敢行。地元の盟友Swimfulに「上海Shelterを完全に破壊し尽くした」と称される。2017年はCM音楽の提供など幅を拡げ、12月に〈Svbkvlt〉よりEP「Genetics」を発表、上海、深圳、重慶3都市で4公演2度のツアーを行い、中国との交流をより深めていく。
2018年にはフランスの〈Polaar〉よりEP「Parallel Lives」を発表。
2019年国内ではライヴ音源制作やNintendo Switchソフト「Travis Strikes Again」への楽曲提供、そして〈Svbkvlt〉より4月に発売されたコンピレーション「Cache 01」に参加。収録曲「Second Highball」はAphex TwinにCoachella2019でプレイされた。
2020年、BoilerRoomのStreaming From Isolationでクラブとは違うlockdown rave setに挑戦した。
また現在は趣味の発表の場となっているbandcampでは様々なブート音源を公開している。