DJ HARVEY

(Locussolus | LA)

photo: Silver Magazine

ハウス、ディスコ、バレアリックシーンのカルトリーダー、そしてDJとして最も神の領域に近い男と称されるリヴィングレジェンド、DJ Harvey (DJハーヴィー)。
ローリングストーン誌は彼を“DJ界のキース・リチャーズ”と評し、世界に君臨するDJトップ10に選出している。

1980年代半ばのロンドンでDJキャリアをスタート。セカンドサマーオブラヴの狂騒の中、悪名高きDIYパーティー集団“Tonka Sound System”のクルーとしてその名を馳せ、ニューヨークの伝説的クラブParadise GarageのレジデントDJであったLarry Levanも出演した自身のパーティー Moist で、DJとしての評価を不動のものとする。1990年代にMinistry of SoundのレジデントDJを務め、2002年にロサンゼルスに移住。LAアンダーグラウンドの聖地として、世界中からハードコアなダンサーたちが集うウェアハウスパーティー Harvey Sarcastic Discoを開催して、レフトフィールドなディスコやバレアリック復権への大きな流れを作った。また、当時発表した不朽の名作「Sarcastic Study Masters Volume 2」は、世界最大の中古音楽市場Discogsで、ミックスCDとして史上最高額となる500ドルの値が付けられている。

2010年にアメリカ国外への渡航が可能になると、世界中からオファーが殺到。奇跡の再来日を果たした2010年GWのジャパンツアーでは、全国12都市を回りロックスター顔負けの1万人以上を動員。母国イギリス・ロンドンでの凱旋パーティーは、チケット発売後わずか1分でソールドアウトを記録し、世界最高峰のクラブBerghain/Panorama Barや世界最大級のフェスCoachellaなどにも出演。2017年には、ニューヨーク Paradise Garageのラストパーティーの様子をBoiler Roomが映像作品化した「The Final Night In Paradise – DJ Harvey re-soundtracks lost tapes from legendary Paradise Garage closing party 1987」の選曲を担当。2018年には、トム・クルーズ主演の人気映画シリーズ最新作「Mission: Impossible – Fallout」のナイトクラブのシーンで、DJ(本人役)としてカメオ出演している。また、ワム!の名曲「Club Tropicana」のMVロケ地にして、クイーンのFreddie Mercuryが伝説のバースデーパーティーを行ったホテルとしても知られるイビサのPikesで、2015年からレジデントパーティー Mercury Risingを開催。2021年に同パーティーのオフィシャルコンピレーション第3弾となる「Mercury Rising Volumen Tres」を2年ぶりにリリースした。

親日家としても知られるDJ Harvey。1989年の初来日以来、全国のクラブやフェスなどに出演し、国内最大級のダンスミュージックポータルサイトClubberiaの年間アワードでは、ARTIST/PARTY/NEWSの主要3部門を受賞。2016年には日本を代表する野外音楽フェス Fuji Rock Festival 20周年の大トリを飾り、2019年のRainbow Disco Club10周年ではヘッドライナーとして登場してオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ。2019年11月に来日30周年アニバーサリーツアーを全国4都市で開催。アパレルブランド WACKO MARIA と来日30周年を記念したカプセルコレクションを展開して世界で話題を呼んだ。

 

*Artist promoted & Tour coordinated by HITOMI Productions