島 晃一

(Soul Matters | CHAMP)

DJ/ライター。2013年よりDJ活動開始。ディープなディスコ/ハウス/レアグルーヴを軸に、ソウルフルなダンスミュージックを探求するイベントSoul Mattersを主催し、2017年には渋谷The Roomで隔月ながらも平均120人の来場者を記録した。2018年には、ファンキージャジー・ミュージックを掲げる渋谷The Roomを代表するパーティCHAMPにレギュラーDJとして加入。同年、RHYMESTERのDJ JINによるJFN系列のラジオ番組『Joint & Jam』にゲスト出演。2019年には、ディスクユニオン主催のトークイベント『DJ目線で覗く現行ラテン音楽の今とこれから』に出演した。
また、自身のブログに載せたDJ JINやRyuhei The Manへのインタビューが反響を呼ぶ。2017年キネマ旬報で、映画『ムーンライト』について菊地成孔に取材し、ライターとして商業誌デビュー。CDのライナーノーツ、学術書『出来事から学ぶカルチュラル・スタディーズ』でもコラムを担当するなど、DJの経験を活かしつつ広く文化全般について執筆している。
2019年には、ラティーナ3月号の「新しいダンスミュージック」特集に、「新しいレアグルーヴを求めて」を寄稿。7月にはTBSラジオ『アフター6ジャンクション』に出演。

▶ Official Blog
https://note.mu/mercy0101 ]