イベントを読み込み中

ARTHRALGIA presents

KALMANEIT

KALMANEIT

怒涛の2020の幕引きに、絶頂祝祭

即興性と同調性をコンセプトにライヴアクトからDJまで、現行の日本アンダーグラウンドシーンを代表するアーティストたちが集結する。
多くの名門レーベルからのリリース、ストーリー性溢れるプレイで日本のハウス/テクノを代表する旗手、GONNOとドラマー/パーカッショニストで、ツチヤニボンドやダニエル・クオンなどのレコーディングやライヴに参加してきた増村和彦の2人がデュオ名義、GONNO x MASUMURAとして登場する。彼らに続き、新宿ゴールデン街のエクスペリメンタル・ノイズ・バーNightingaleに4年間勤務し実験音楽に触れ、音源制作、ライヴ活動を開始したAluminiumのライブも行われる。
さらに、同フロアではUKミュージックを軸に、フロア全体を跳ねさせるような、目まぐるしい展開を作り出す解体新書の主宰/レジデントDJ、Romy Mats、今年に京都に拠点を移してからも、West Harlemなど各地のシーンの中核を担うクラブでプレイするCYKのKotsuがデッキを取る。フロアを構築すべく、forestlimitやGRASSROOTSにて全国各地のローカル・ナイスDJ/アーティストを呼び東京の地下深くでシーンを支えるDJ SOYBEANSがオープンを務める。
コンタクトフロアでも各方面から強者が揃う。Salon des AmateursやAntwerp、Meakusma Festival でのLena Willikensによるショーケースなど名だたるイベントへの出演経歴を持ち、奇想天外なスタイルでフロアを狂乱させるKOPY、〈MAD LOVE Records〉主宰のサモハンキンポーとCYKのNari、TYTLのメンバーZooey Loomer 1979とGRASSROOTSにて開催されているパーティTarkusを主催するHibikiら2組がB2Bで出演する。オープンは都内を中心に活動するDJクルーVinyl YouthよりKamomeが担当する。
また、1-DRINK、Hibi Blissを中心にセクシーでホットなアーティスト達がラウンジフロアを彩ってくれるであろう。
年の瀬ならではの異種格闘技戦、各アーティストそれぞれが歩んだ2020年の総括を彼らが奏でる音楽から体感してほしい。

STUDIO X

Gonno x Masumura -Live

Alminium -Live

DJ SOYBEANS

Romy Mats (解体新書)

Kotsu (CYK | Untitled)

 

【出演者変更のお知らせ】

出演を予定しておりましたYPY x Tatsuhisa Yamamotoは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大と規制強化の状況を受け、やむをえず出演をキャンセルすることとなりました。

YPY x Tatsuhisa Yamamotoのプレイを楽しみにお待ちいただいたお客様には深くお詫び申し上げます。

代わりましてAlminiumの出演が決定いたしました。

CONTACT

KOPY -Live

サモハンキンポー B2B Nari

Zooey Loomer 1979 B2B Hibiki

Kamome (Vinyl Youth)

 

FOYER

1-DRINK
1017 Muney

DJ Poipoi

Hibi Bliss

Lapistar

OPEN
22:00
UNDER 23
¥ 1000
BEFORE 11PM 
¥ 1000 
GH G MEMBERS 
¥ 1500 
GH S MEMBERS 
¥ 2000 
 DISCOUNT 
¥ 2500 
DOOR
¥ 3000
GENRE
House
 | 
Techno
 | 
Electronic

入場料金はSTUDIO X (MISSION) 施設使用料として頂いております。   
Admissions are for the use of facility MISSION STUDIO X.

Closing the curtains to the rage of 2020 with a celebration

Live acts and DJs from the modern underground scene in Japan unites with Improvisation and synchronicity as the concept.
GONNO, a true representative of Japan’s House/Techno scene with his story-based style who has numerous releases from prestigious labels, teams up with MASUMURA, a drummer/percussionist who has taken part in recording/live sessions with the likes of TsuchiYaniBond (ツチヤニボンド) and Daniel Kwon, as GONNO X MASUMURA. Tatsuhisa Yamamoto is a revered Japanese drummer of Kafka’s Obiki (カフカ鼾) with countless improv sessions in various genres including Jazz/Experimental Music/Electronic under his belt, has performed as a backup drummer for the likes of Jim O’Rourke, Ichiko Aoba, UA, and Tavito Nanao (七尾旅人). He joins YPY, who recently released an EP「Compact Disc」from〈BLACK SMOKER〉, for live session. There’s no doubt that the improvisational layers of sounds and its synchronicity will cause a supreme chemical reaction. Kaitai-Shinsho’s organizer/resident DJ Romy Mats, organizer/resident DJ of Kaitai-Shinsho (解体新書) rooted in UK music, the former Kyoto native West Harlem, and Kotsu from CYK will be on decks in the main room. Celter, the organizer of the party Eclipse whose style is complex with infinite grooves, takes the role of opening the night.
Contact floor also features some of the big players in the scene. From Salon des Amateurs, Antwerp, and featuring in Lena Willikens showcase at Meakusma Festival, KOPY is one with a unique and unpredictable style. Joining the lineup are サモハンキンポー from〈MAD LOVE Records〉, Nari from CYK, a B2B set by TYTL member Zooey Loomer 1979 and Tarkus organizer Hibiki Inatsune, and an opening set by Kamome from the Tokyo-based DJ crew Vinyl Youth.
1-DRINK, Hibi Bliss, along with other hot artists will be providing a sexy and colorful space in the lounge floor.
A great mixture of artists to end the year off, all bringing everything they have experienced in 2020 to the table for the ultimate musical journey.

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。