イベントを読み込み中

Densa

Densa

電子音楽が持つ広大無辺の可能性

ミニマル、そしてエレクトロニカはもとい、自身の完成形の具現化を追求することで世界的な音楽家としての地位を確立し、電子音楽家としてひときわ光彩を放つAOKI Takamasaが帰ってくる。Contactでは2017年より実に5年ぶりとなる稀少なライヴセットは、彼が世界的な音楽家としての地位を確立したことを実証する至極の音像を描くことだろう。Studioでは彼とともにバルセロナの〈Modern Obscure Music〉やパーティ、解体新書のレーベル〈KTSNS〉からテクノ〜ベースの混成を唯一不二のものとしつつあるAlbino Soundのライヴがクレジット。Albino Soundによる2015年のリリース「Cloud Sports」のミックスエンジニアをAOKI Takamasaが手がけたことによる必然的な邂逅をこの日のハイライトに、長きに渡るキャリアと卓越したミックススキルを誇る千葉をルーツとしたアンダーグラウンドヒーローRyosukeと、テクノからハードコアまでを縦横無尽に駆け巡り着実とステージを登りつつあるmu”he、そしてパーティNegative Cloudの静の側面を指し示す象徴として流麗な電子音楽を操るPicoがStudioの夜を紡いでいく。
Contactフロアでは千葉muiを拠点とし、地元「FUTURE TERROR」をはじめ全国各地のパーティにおいてその一切妥協のない精緻なグルーヴ構築で、玄人筋から絶大な信頼を寄せられてきたWada Yosuke、イマジナリーな音響作品をミックスとして繰り出してきた低温(音)職人SPINNUTS、ベースと電子音楽の融合による深い奥行きと緻密さがみせる造形美を繰り広げるNullDaSensei、虎子食堂を基地とし各地でプレイ、そして芯より産まれるバイブスを振り撒くLonparisとノイズ〜インダストリアルな要素をテクノへと幾重にもレイヤリングする手法で次世代ながらも自身を現す音像を早くも確立しつつあるASTMAがラインナップ。それぞれが揺るがぬ軸を携えた登場人物たちが、ダンスを礎としながらもエレクトロニクス持つ自由度を体感させてくれることだろう。
その中庸に位置するのはシーンにおける新たな可能性を感じさせるMuralクルーだ。アカデミックに日本が誇るテクノヒーローたちを解析してきた20代前半の彼らが成せる、ここContactを舞台にオーガナイズを繰り広げてきたパーティは、多岐に渡る音類を巻き込みながらも着実に結実しつつある。この日のFoyerを舞台に、彼らしか成し得ない新たなる解釈のダンスミュージックの提示に期待が高まる。
日本におけるミニマルのスペシャリストの極上のライヴセットを取り囲むバラエティ豊かな面々が繰り出す化学反応。特別な一夜を通過したのちに、その指し示すところが電子音楽が持つ広大無辺の可能性であることと解すことができるだろう。

STUDIO X

AOKI takamasa -Live

Albino Sound -Live

Ryosuke

mu”he

Pico

CONTACT

Wada Yosuke

SPINNUTS

NullDaSensei

Lonparis

ASTMA

 

FOYER: -Mural-

irok

Luca

Kai

Reo Anzai -Live

DJ buddi

naovillan

 

《出演キャンセルのお知らせ》

出演を予定していたanayamaは、体調不良の為キャンセルとなりました。楽しみにされていたお客様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

OPEN
22:00
UNDER 23
¥ 1000 
BEFORE 11PM 
¥ 1000 
GH G MEMBERS 
¥ 1500 
GH S MEMBERS 
¥ 2000 
 DISCOUNT 
¥ 2500 
DOOR 
¥ 3000 
GENRE
Techno

入場料金はSTUDIO X (MISSION) 施設使用料として頂いております。   
Admissions are for the use of facility MISSION STUDIO X.

The infinite possibilities of electronic music

The return of AOKI Takamasa, the established world-class electronic musician who pursues perfection.  From minimal to electronica, he’s a remarkable electronic musician who’s got it down to a T.  2017 was the last time he played at Contact.  His rare live set, for the first time in 5 years, will demonstrate the sonic images that put him on the map as a world-class musician.  Albino Sound, a roster on Barcelona-based〈Modern Obscure Music〉who’s also released on 〈KTSNS〉run by the party 解体新書 (Kaitai-Shinsho), will perform live in Studio.  AOKI takamasa was the mixing engineer for Albino Sound’s album『Cloud Sports』released in 2015, thus making this inevitable encounter one of the highlights for the evening.  Ryosuke, the underground hero with a long career hailing from Chiba renowned for his superb mixing skills, a variety of sounds ranging from techno to hardcore by mu”he, and the elegant electronic music by Pico, the organizer of the party Negative Cloud, will be on decks in Studio.
Contact floor features Wada Yosuke, known for his affiliation with「FUTURE TERROR」who’s based at Sound Bar Mui in Chiba, is a figure greatly trusted by professionals for his uncompromising groove constructions played at parties throughout the nation.  Joining the lineup are SPINNUTS, the low frequency craftsman who brings his imaginary sonic works to life, NullDaSensei fusing bass and electronic music creating great depth that’s beautifully structured with precision, Lonparis, who holds regular parties at 虎子食堂 (TORANOKO SHOKUDO) and plays all over spreading vibes that can be felt from the core, and the rising star ASTMA, who’s quickly establishing himself with layered sounds of noise/industrial/techno.  Each individual, carrying an unwavering axis, will let you experience the freedom of electronics using dance as the foundation.
In the middle of it all, Mural crew sheds light on new possibilities within the scene.  They are a generation, in their early 20’s, that have studied and analyzed Japanese techno heroes.  Their party, held here at Contact,  is steadily coming to fruition involving a wide range of sounds.  On this day, Foyer as their stage, they present you with a new interpretation of dance music that can only be achieved by them.
A chemical reaction produced by a variety of people surrounding the finest live sets by Japan’s minimal specialists.  After experiencing this special evening, you may have an understanding of the infinite possibilities of electronic music.

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。