イベントを読み込み中

Galaxy

Galaxy

高い次元で交わるオブスキュアな空間

ContactでのGalaxy三部作が、1月から2度の延期を経て完結を迎える。Kaoru InoueとGalaxyクルーTasokoとで繰り広げた有機的な音像とハウス/テクノのハイレベルな交配をみせた第一回。Toshiyuki Gotoとバレアリックセットで共演した第二回は、高温の音楽とファンクネスのコズミックな融合を披露した。いずれも主催するIORIの音楽性との深い共鳴を感じさせる素晴らしいパーティだった。
今回出演するKuniyuki、Asusu、Yoshitaka ShirakuraとIORIには、強い軸を持ちながらもその感性に吸い寄せられる音楽の徹底した探求といった、四者に共通した特色をもっている。KuniyukiとJoe ClaussellやDegoといったハウスヒーローとの関係は広く知られており、さらにジャズや即興性への深化や、自身のルーツ、ボディミュージックやニューウェイヴの包括、そして、そこから発生するスピリチュアリティは今のKuniyukiの音楽の大きな特徴と快楽要素になっている。ブリストル出身のAsusuはUKガラージ、ジャングル、ベースミュージックといった母国の影響を反映させながらもテクノやアンビエントとその先にある電子音楽の可能性の開拓を続けている。そのDJセットは強力なドラムとテクノロジーが融合するスリリングで刺激的ながらも緻密な音楽科学を堪能する興味深い時間が流れる。テクノファンからの支持が高いYoshitaka Shirakuraも、彼の音楽嗜好の中でのノイズやアヴァンギャルドミュージックが占めるウェイトは対等以上と言え、そのような交配から発生するテクノセットは他に類をみない深みとえぐみ、そしてカルト的なロマンチシズムをすら感じさせる。この四者の点と点、線、面、そして立体を形作るような高いレベルでの音楽交換は、ハウスやジャズ、テクノ、アヴァンギャルドからベースミュージックまでもが絶妙な一貫性をもって鳴らされる、ダンスミュージックの桃源郷の実現を期待させる。
Contactフロアでは極彩色の音楽・デザイン・ファッションといったアート性が見事に融合するNo Nationクルーがフロアを開花させる。Tonydot、shajka jo、Atsuya Nagata、Leo Gabriel、Mizuki、機他といった個々の活動でも際立った才能をみせる東京発のこのクルーがもつファンクネスの独自の解釈はハウスやジャズ、ディスコを主体としながら、大きな発想の飛躍を展開する。メインフロアとは違った音楽の進化の、或る方向の先端を魅せてくれるに違いない。
現代の隔絶された環境が生んだエネルギーに溢れる産物がオブスキュアに交わるGalaxyが拡がる。

STUDIO X

Kuniyuki -Live

Asusu (Impasse | Livity Sound)

IORI (Galaxy)

Yoshitaka Shirakura (Konvektion | 震道)

CONTACT

No Nations (Tonydot, shajka jo, Atsuya Nagata, Leo Gabriel, Mizuki, 機他)

 

[FOOD]

TAKOBAR

OPEN
14:00
 CLOSE
20:00
UNDER 23
¥ 1000
BEFORE 3PM 
¥ 1000 
GH G MEMBERS 
¥ 1500 
GH S MEMBERS 
¥ 2000 
 DISCOUNT 
¥ 2500 
DOOR
¥ 3000

入場料金はSTUDIO X (MISSION) 施設使用料として頂いております。   
Admissions are for the use of facility MISSION STUDIO X.

An obscured space that intersects in a high dimension

After the second postponement since January, Galaxy returns with its 3rd installment at Contact. The 1st installment gave us a look into the high level organic sounds of House/Techno by Kaoru Inoue and Galaxy crew member Tasoko. The second edition featured a Balearic set by Toshiyuki Goto that was a cosmic fusion of hot music and funkness. The superb parties organized by IORI resonated deeply with rich musicality.
This installment features Kuniyuki, Asusu, Yoshitaka Shirakura, and IORI. The four, with strong roots, have the ability to lure you into the music with their thoroughness and sensibilities.
Kuniyuki is widely known for his affiliations with House heroes Joe Claussell and Dego, deepening his improvisational skills and Jazz while keeping his own roots in Body Music and New Wave has become the key element Kuniyuki’s current music which brings forth a sense of spirituality. Influenced by music from his motherland, such as UK Garage, Jungle, and Bass Music, the Bristol-born Asusu continues to explore the possibilities beyond Techno/Ambient and Electronic music. His thrilling yet stimulating DJ sets combine powerful drums and technology with precision that creates an interesting flow of time. Also joining the lineup is Yoshitaka Shirakura who has been gaining a lot of support from Techno fans. While his taste ranges from Noise and Avant-Garde music, his Techno sets that come from such cross-pollination has depth and a cult-like romanticism. The dots, lines, and surfaces connected by the four DJs creates a high level three-dimensional space through their musical exchange ranging from House to Jazz, Techno, Avante-Garde, and Bass Music.
Contact floor will be produced by No Nation crew fusing richly colored music, design, fashion, and art. The Tokyo-based crew comprised of Tonydot, shajka jo, Atsuya Nagata, Leo Gabriel, Mizuki, and 機他 will be presenting their own unique interpretation of House and Jazz while keeping their focus on Disco. We’ll surely be able to experience the musical evolution with a certain direction that will be quite different from the main floor.
The energy-rich product of the modern isolated environment turns into an obscure Galaxy.

Kuniyuki

[Release Information]
▶︎MYSTICS (MARCUS HENRIKSSON/KUNIYUKI/J.A.K.A.M.)
5 ELEMENTS
Label: CROSSPOINT
Cat.No: KOKO086
Format: LP
Release Date: 2021/08/08


Marcus Henriksson x Kuniyuki Takahashi x J.A.K.A.M.によるユニット。日本における音楽活動において精神面・音楽面も含め多大な影響を受けたと語るMarcusが、友人の勧めによりJ.A.K.A.M.のヴァイナルに出会い、一聴して彼の大ファンとなって共同での楽曲制作を申し出たのがきっかけとして制作が始まる。
そして2011年、muleよりKoss x Henriksson x Mullaert名義のアルバムをリリースし、その後もセッションを積み重ね親交を深めてきたKuniyukiをメンバーに加え、2020年1月に初のLiveを東京で経て、2021年2月にアルバムが完成。三者三様の個性がぶつかり融合する、その世界観を楽しんで欲しい。

[Release Information]
▶︎ IORI
「ANDROMEDA EP」
Label: Kynant
Cat.No: KYN016
Format: 12” EP
Release Date: 2021/05/18


Tracklist:
A1. Andromeda
A2. Transit
B1. Under the Water
B2. Under the Water (Wata Igarashi Remix)

 

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。