イベントを読み込み中

PATCHING FOR LIFE

PATCHING FOR LIFE

Play dance music with modular synth

Kentaro Nakao、JUN (80KIDZ)、KMMR、SAKANA、tkshrsを中心に活動をしているモジュラーシンセプレイヤー集団Patching for lifeが主催する同名のイベント。
Patching (パッチング)とは、単体では音を奏でないモジュラーをつなぎ音を創造する意味を持ち、“Patching for life”という名前には音楽を通して人とのつながりを生み出したいという思いが込められている。テクノ、ハウスを中心にダンスミュージックにフォーカスし、モジュラーシンセが生み出す偶発性とプレイヤーのフィジカルが融合した音楽表現をお楽しみください。

今回ゲストには、ENDON所属M.A.S.F.代表 Taro Aiko、多様な音楽性と完成度の高いハードウェアライヴを魅せるYebisu303、モジュラーシンセ界注目の新人Woodyが登場。

STUDIO X

-MODULAR SYNTHESIZER LIVE-

Taro Aiko (ENDON | M.A.S.F.)

Yebisu303 (Acid Alliance)

Woody

 

[PATCHING FOR LIFE CREW]

Kentaro Nakao
JUN (80KIDZ)

KMMR
SAKANA
tkshrs

OPEN
19:00
 CLOSE
22:30
DOOR
¥ 1500 (+1D ¥600)
GENRE
Techno
 | 
House

★こちらのイベントにご来場の方は、23:00からの“MISSION”に¥600(1D)でご入場いただけます。

 

  

入場料金はSTUDIO X (MISSION) 施設使用料として頂いております。   
Admissions are for the use of facility MISSION STUDIO X.

Play dance music with modular synth

The modular synth player collective “Patching for life” comprised of Kentaro Nakao, JUN (80KIDZ), KMMR, SAKANA, and tkshrs host an event.
The term “patching” in modular synthesis refers to connecting cables in order to create and control sounds.  The connection between people through music gave birth to “Patching for life”.  Enjoy the expressive and unpredictable world of modular synths focusing on Techno and House.
The guest for this occasion is Taro Aiko of ENDON and the representative of M.A.S.F., the multi-talented Yebisu303 whose hardware live performances are diverse with precision, and the new-comer to the modular world, Woody.

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。