イベントを読み込み中

SUGARHILL presents

MIRROR BALLS

MIRROR BALLS

SUGARHILLが描く黄金の憧憬

インディペンデントな音楽/アートシーンを元にしたコンテクストデザインをパーティという形でも提示してきたSUGARHILL。その独自のキュレーションは他のどのパーティとも違った、特有のユーモアと、優れた音楽感に裏打ちされたオルタナティブな情景を描いている。Contactでは最後となるこの夜は、通過してきた人もそうではない人にも、憧れと黄昏が映る日本の或る黄金期の香りを喚起させる、SUGARHILLらしい複雑な感情がパーティとしてメイクされた。

SUGARHILLは、3月にブランド初のランウェイショーを開催。音楽を担当したのは、兼ねてから親交が深い、踊ってばかりの国で、その高い精神性と研ぎ澄まされた感情を、ヴォーカル下津の一閃するトーンと多層的なサウンドで鳴らす独自の音像は、この日もパーティの方向性を強く示すことになりそうだ。2018年、鎮座DOPENESS、ZEN-LA-ROCK、G.RINAによって発足し、国産ダンスミュージックシーンの中心に躍り出たFNCY。国内外のプロデューサーを迎えながら生み出されるトラックにはどれも、心を踊らせる鮮やかさと、懐かしさや新しさよりもさらに上質な普遍的な心地よさを含んでいる。今回出演する6組のライヴアクトには言葉では形容しがたい一貫性があり、シンガーソングライター内村イタルと、Gatebollers/カネアヤノbandのベース本村を中心に結成された、サイケデリックフォークバンド“ゆうらん船”も、その不思議なノスタルジアを実現させる重要なラインナップとなっている。更新されたガレージサウンドと、劣化した蓄音機を思わせる歪みが非現実へと誘う3兄弟バンドGliiicoや、メディテイティブなまでにインストゥルメンタルの鳴りを掘り下げる、エクスペリメンタルロックのエリートmaya ongakuといった、知覚への刺激にも興味は尽きない。さらに、ジャズ/ヒップホップクルーSANABAGUNのフロントマンRyo Takaiwaのステージでロマンチシズムは極まる。

閉館まで20日のカウントダウンを数えるContactのStudio X。すれ違う、都市に漂う複雑な感覚と感情を形にしてきたSUGARHILLが、賛同者の心を震わせるあまりにもドラマティックな夜を繰り広げる。

STUDIO X

踊ってばかりの国 -Live

FNCY (鎮座DOPENESS, ZEN-LA-ROCK, G.RINA) -Live

LIBRO -Live

ゆうらん船 -Live

maya ongaku -Live

Licaxxx & Kotsu

サモハンキンポー

CONTACT

Lil Mofo

AKIM
Midori (the hatch)

EUREKA

凸凹。

 

FOYER

Ryo Takaiwa -Live

Gliiico -Live

OPEN
22:00
UNDER 23
¥ 2000 
BEFORE 11PM 
¥ 2000 
ADVANCE 
¥ 3000 
DOOR 
¥ 4000 
GENRE
Rock
 | 
House

入場料金はSTUDIO X (MISSION) 施設使用料として頂いております。   
Admissions are for the use of facility MISSION STUDIO X.

SUGARHILL paints the golden picture

SUGARHILL paints an alternative scene through original curation with a unique sense of humor, different from any other party, and great sensibilities in music. On this evening, marking the final chapter at Contact, SUGARHILL evokes and captures the scent of a certain golden era of Japan for those that have made that passage, as well as for those who have not.
In March, SUGARHILL hosted its brand’s first runway show. 踊ってばかりの国 (Odottebakarinokuni), their close affiliate, was left in charge of the music for the show. The strong spiritual nature and sharpened emotions is highlighted by the glistening tone of vocalist Shimotsu with multi-layered sounds giving birth to a distinct and unique sonic image that will strongly show the direction of this party as well. A total of 6 live acts, indescribable with words, have lined up for this occasion. FNCY, formed in 2018 by 鎮座DOPENESS, ZEN-LA-ROCK and G.RINA that bursted into the local dance music scene, and the psychedelic folk band ゆうらん船 (Yuransen), focused around singer-songwriter Itaru Ichimura and bassist Kimura (former member of Gateballers/member of カネコ アヤノ(Kaneko Ayano) band), are among the ones that gives off a mysterious sense of nostalgia. Gliiico, a band formed by 3 brothers, and maya ongaku, an elite of experimental rock, will also stimulate our sense of perception. In addition, Ryo Takaiwa, frontman of jazz/hip hop crew SANABAGUN, colors the stage with romanticism.
Studio X of Contact, with 20 days left until closing, SUGARHILL, the party that has formed the complex sensations and emotions of the city into shape, unfolds a dramatic night that will shake the hearts of supporters.

踊ってばかりの国

FNCY

ゆうらん船

Ryo Takaiwa

Gliiico

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。