イベントを読み込み中

Spring Break

《公演延期》

Spring Break

《開催延期のお知らせ》

3月11日(金)に開催を予定しておりました【SPRING BREAK】は、まん延防止等重点措置の延長実施に伴う時短要請により開催中止となります。公演を楽しみにお待ちいただいた皆様には多大なご迷惑をおかけしますことを、心より深くお詫び申し上げます。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

*振替公演を4月30日(土)にて開催することが決定致しましたので、当日ご来場いただける場合は、お手持ちのチケットをそのままお使いいただけます。

 

*DJ DYEははスケジュールの都合で出演キャンセルとなりました。

 

● 振替公演の詳細はこちらよりご確認ください。
https://www.contacttokyo.com/schedule/spring-break-2/

 

《 チケット払戻しをご希望の方 》
チケット払戻しをご希望の方は、購入された販売サイトにてお手続きをお願い致します。各販売サイトより、公演キャンセルに伴うチケット払戻しの案内がメールにて届きますので、そちらの案内に従ってください。
なお払戻し期間は、3月25日(金)23:59まで となります。期間を過ぎますと払戻しが無効となってしまいますので、お忘れなきようご注意ください。大変お手数をおかけしますが、何卒お願い申し上げます。

払戻対象公演: 3月11日(金)SPRING BREAK at Contact
払戻し期間: 3月25日(金)23:59まで

※ご不明な点はチケットサイトにお問い合わせください。
▶ e+ (イープラス)
https://eplus.jp/sf/updated_events


『深夜営業再開の春夜』

 

深夜営業再開の初日は、ジョーカーと絵札のみのオールスターラインナップの招集に成功した。濃さ深さ熱さ美しさ、どれを取っても最高峰をもたらすシグネーチャーサウンドの共演による、ご褒美とも呼べるサウンドユートピアが開幕だ。
昨年からスタートしたContactのマンスリーシリーズTrilogiesの第1弾アクトとして登場した石野卓球。キープされ続けるピークタイムと極彩色に描かれる圧倒的なワールド、無二の求心力は、老若男女が無我夢中で乱舞するダンス桃源郷を現出させた。海外アーティストが来日できない中で、久方ぶりのワールドクラスの愉楽を味わわせてくれた石野卓球が、Studio Xでの登壇だ。Trilogies第2弾のアクトLicaxxxもまた、シリーズの中で特有のマシーンサウンドをもって自身の描いてきた軌道と周辺のカルチャーをフロアに反映させた、アヴァンギャルドな独創性を見せつけた。今回の共演も両者の本気を誘発させ合うアグレッシブなダンスを期待してやまない。
この日、Contactフロアでは、膨張した有機音楽がエレクトロニクスを飲みこむディープでスリリングなフロアデザインが施された。DJ KENSEIの膨大に蓄積された技術/情報と天賦のイマジネーションは、基軸にするヒップホップやジャズを超越しながらネクストレベルを開拓し続けてきた。幾筋にも交わるサウンドとファンクネスとの巧妙なハイブリッドは、今や、DJや音楽関係者が畏敬を払う孤高の存在たらしめている。〈BLACK SMOKER RECORDS〉の会長KILLER-BONGもまた、国内ヒップホップシーンのワンアンドオンリーで、進化に次ぐ進化から生まれたそのミュータントビートは緻密な変則と、フィジカルな即興性を膨らませながら深淵へと引きずり混む暴力的なまでの誘惑をかもしている。そこに、THA BLUE HERBのフロアメイカーDJ DYEや、電子音楽と生音の融合をすすめるクルーFLATTOPを主催するYELLOWUHURU、RUBY ROOMの案内人MEMEがつらなり、高熱の音楽溶鉱炉の様相を呈し始める。
一方Foyerフロアでは、ネオカルチャーのリーダーが集い情熱の火を燃やす。ベースヒーローKenKenによるオレパルーザ、オカモトレイジのYAGI EXBITION、Jun InagawaによるYAGI MAGIC ORCHESTRAといったContactで開催されてきた類例のないパーティは、東京の強烈なホットスポットとして大きな衝撃を残した。さらに、カルチャーを行き来するフィクサーYohji Igarashiや、世界から注目されるなかむらみなみが加わり、激情の治外法権区域を出現させる。
深夜営業の再開と同じ音楽好きとの再会、ミュージックシーンを推進させるトップクラスがContactをリスタートさせる。

STUDIO X

Takkyu Ishino
Licaxxx

CONTACT

DJ KENSEI

KILLER-BONG (BLACK SMOKER RECORDS)

DJ DYE (THA BLUE HERB)

YELLOWUHURU (FLATTOP)

MEME

 

FOYER

KenKen (BASS HERO)

オカモトレイジ (OKAMOTO’S)

JUN INAGAWA
Yohji Igarashi
なかむらみなみ -Live

 

[FOOD]

マガリビ by KIDOTAMA

OPEN
22:00
UNDER 23
¥ 1000 
BEFORE 11PM 
¥ 1000 
GH G MEMBERS 
¥ 2000 
ADVANCE 
¥ 2500 
GH S MEMBERS 
¥ 2500 
GH MEMBERS 
¥ 3000 
w/ FLYER 
¥ 3000 
 DISCOUNT 
¥ 3000 
DOOR 
¥ 3500 
GENRE
Techno
 | 
House
 | 
Hip Hop

入場料金はSTUDIO X (MISSION) 施設使用料として頂いております。   
Admissions are for the use of facility MISSION STUDIO X.

《Notice of postponement》
The event has been rescheduled for 4/30 (Sat.). Please bring the ticket you have purchased.

*Due to scheduling issues, DJ DYE has been cancelled.

New event info: https://www.contacttokyo.com/schedule/spring-break-2/

 

〈For those who wish for a refund〉
If you wish to refund your ticket, please follow the instructions given by the website where you have purchased the ticket. Each website will send out an email with instructions regarding ticket refund for any performance cancellations. Please note that the refund period will be until 3/25 (Fri.) 23:59. You will not be eligible for a refund beyond this period.

 

Performance eligible for a refund: 3/11 (Fri.) SPRING BREAK at Contact
Refund period: Ends at 23:59 on 3/25 (Fri.)

*For any inquiries, please contact the ticket site.
▶ e+ (イープラス)

https://eplus.jp/sf/updated_events


「The reopening of late-night hours on a spring evening」

 

On the first night of business hours returning back to late-night hours, we’ve gathered an all-star lineup. Each act will be bringing their signature sound filled with richness, depth, heat, and beauty to the table to create a sonic utopia.
Appearance by Takkyu Ishino, who was the 1st act of Contact’s monthly series Trilogies that started last year. Keeping the steady peak time vibe and the overwhelming world depicted in rich colors brought a sense of paradise to young and old attendees on the dance floor. In a time where international artists are unable to travel to Japan, the world-class Takkyu Ishino takes the decks in Studio X. Sharing the stage, Licaxxx will add a serious touch of aggressiveness to the dance floor.
On this day, Contact floor features a deep and thrilling floor design where expanded organic music is engulfed in electronics. DJ KENSEI and〈BLACK SMOKER RECORDS〉chairman KILLER-BONG, DJ DYE from THA BLUE HERB, FLATTOP organizer YELLOWUHURU, RUBY ROOM’s guide MEME will stir things up.
Foyer floor gathers leading figures of the neo-culture to ignite the fire such as the bass hero KenKen, Reiji Okamoto, and Jun Inagawa. In addition, the multi-cultural Yohji Igarashi, Minami Nakamura, who’s attracting attention from around the world, join to create an extraterritorial area of passion.
An evening that reunites music lovers by top-class acts in the music scene to restart Contact for the reopening of late-night hours.

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。