イベントを読み込み中

TOKYO DRIVE #5

TOKYO DRIVE #5

入り乱れる音のるつぼへ

KEN ISHII、HIROSHI WATANABEを軸に日本が世界に誇るミュージッククリエイター/DJが集結するTOKYO DRIVEが5度目の開催を迎える。

このパーティならではといえるKEN ISHIIのデトロイティッシュなセットは世代を越えた普遍的な価値をもたらし、TOKYO DRIVEでは久々となるクローズをつとめるHIROSHI WATANABEが自身が思い描く理想のストーリーを紡いでくれるだろう。オープニングの3時間は個々で各所で活躍するTERA、DAIZEN、Hiroki Nakamuraの3名からなるDJクルー、automatがサポート。高密度のエレクトロニックミュージックの旅の火蓋が、緊張感を持ったB2B2Bで切って落とされる。

 

Contactフロアには多岐にわたる音楽的知見が落とし込まれたプレイでおなじみのMoodmanが登場。彼がDerrick MayによるTransmatから大きな影響を受けたことは、このパーティの中でその真髄を発揮してくれることだろう。生粋のミュージックラヴァーにしてディスコをこよなく愛するNISHIMAKI NAOSUKE、下北沢拠点のパーティクルーTYTLの屈強エレクトロディスコプレイヤーTakeshi Sato、生音ダンスミュージックの若き使い手Jun Kamimura、そしてハウスミュージックコレクティヴCYKよりアグレッシブなサウンドレイヤーでグルーヴを紡ぐNariが同フロアで一夜を共にする。直接的に感情に訴える音楽とその姿を目の当たりに、必ずや胸を熱くさせてくれることだろう。

FoyerにはシェアハウスコミュニティWarpCommunicationFloorのオーガナイズのもと、tomo takashima、AMANE、機他、talowkynの90年代後半生まれにしてジャズやソウル、ハウスミュージックの洗礼を受けた次世代を担うラインナップが登場。シェアハウスを飛び出だしてTOKYO DRIVEに更なるブーストを注ぎ込む。14人の操縦者たちからなる5度目の夜。入り乱れる音のるつぼへ、全速力でアテンドしてくれるに違いない。

STUDIO X

KEN ISHII

HIROSHI WATANABE a.k.a KAITO (Transmat | Kompakt)

automat (TERA, DAIZEN, Hiroki Nakamura)

CONTACT

Moodman
NISHIMAKI NAOSUKE (MARKI)

Takeshi Sato (TYTL)

Nari (CYK)

Jun Kamimura

 

FOYER

tomo takashima
AMANE
機他 (TOSH7)

talowkyn (WCF)

 

[FOOD]

ONKsit

OPEN
22:00
UNDER 23
¥ 1000
BEFORE 11PM 
¥1000 
GH G MEMBERS 
¥1500 
GH S MEMBERS 
¥2000 
 DISCOUNT 
¥2500 
DOOR
¥ 3000
GENRE
Techno
 | 
House

入場料金はSTUDIO X (MISSION) 施設使用料として頂いております。   
Admissions are for the use of facility MISSION STUDIO X.

The melting pot of entangling sounds

Focusing around KEN ISHII and HIROSHI WATANABE, Japan’s world-class music creators and DJs gather for the 5th edition of TOKYO DRIVE. Unique to this party, KEN ISHII goes beyond generations and brings universal value with his Detroit influenced sets. HIROSHI WATANABE will unfold the ideal story that he envisions as he sets to close the party, which will be the first time in a while for TOKYO DRIVE. Supporting the two in the main room, automat, a DJ crew comprised of TERA, DAIZEN, and Hiroki Nakamura, will be warming up the floor with a 3 hour opening set.
Moodman, known for his vast knowledge in various music and being influenced by Derrick May’s label Transmat, is bound to bring that essence to the decks in the Contact floor. A pure music lover and a Disco enthusiast NISHIMAKI NAOSUKE, the robust Electro Disco player Takeshi Sato from the Shimokitazawa-based party crew TYTL, dance music by Jun Kamimura focused around live sounds, and the aggressive yet groovy Nari from the House music collective CYK joins the lineup.
Foyer floor, organized by WarpCommunicationFloor, a share house community, features the next generation of DJs born in the 90’s including tomo takashima, AMANE, 機他, and talowkyn playing Jazz, Soul, and House to give a boost to TOKYO DRIVE. The 5th edition brought to you by 14 key players to guide you into the pot of entangling sounds.

HIROSHI WATANABE a.k.a KAITO

Moodman

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。