イベントを読み込み中

Trilogies -Mars89- episode 2

Death Disco

Trilogies -Mars89- episode 2

或る方向へと突出したエキスパートが交わるポイントDeath Disco

毎月3週にわたり開催されるレジデント・シリーズ TrilogiesにMars89が登場。

Mars89のサウンドには、カテゴライズされない音楽観のなかにも確固としたイメージが息づいている。それは現実と想像の境界線を自由にまたぐゴーストのような強烈なキャラクターとの整合性になっており、そのインダストリアルでダビーな暗く冷たいサスピシャスな音像は、解放への咆哮をともなったレベルミュージックとして鳴らされている。

Mars89は、Trilogiesシリーズ中最も高いキュレーション能力/空間創造力をもったアーティストといって間違いない。UNDERCOVERのコレクションの楽曲制作やコラボレーション。田名網敬一のドキュメンタリーフィルム、豊田利晃監督の映画『破壊の日』への楽曲提供。Thom Yorkeや〈Warp Records〉のプレイリストへのピックアップや、先述のコレクションの楽曲「THE DROOGS」へのThom Yorke、Zomby、Low Jackからのリミックス提供など、音楽性/アート性の広がりは多岐にわたる。音楽はもちろんファッション、映画や文学といった芸術性が生む、Mars89の多角的な視点で構築された仮想空間は、オブスキュアでありながらも熱と実体を持つほどに具体的で映像的だ。

世界中から注目を集める、稀有の才能が描く逆理の三部作、権力と概念からの解放を謳う革命家Mars89のTrilogiesがスタートだ。

 

シリーズ第2夜は、インダストリアル/ノイズや、強力な推進力をもつハードサウンド、本能的な即興性が交錯する、奇祭Death Discoが発動。金属の冷たさとフィジカルな肉感が共存する、退廃的で甘美なサイエンス・フィクションが広がる。

今回、映像作家VJ wquoteとともにライヴパフォーマンスを行うGolpe Mortalは、〈Hospital Productions〉のショーケースやPhase Fatale、Verset Zeroなど海外アーティストのサポートアクトとしても招聘される、インダストリアル/ウェイヴミュージック・シーンの国内最重要アーティストとして、際立った活動をみせている。ダークでコールドな音像のDJや圧倒的なマシンライヴは、Mars89と活動の軌道を交差させながらも違った景色のディストピアを映している。来日中のKrikor Kouchianもまた、本国フランスで発生していた過激なレイヴシーンや、クラブカルチャーの変革に深く関係しており、既存のシーンを拒否し続けてきた。音の生み出す予測不能な側面をプロダクションに落とし込む、緻密なフランス産のレベルミュージックとしてMars89と音楽感を共鳴させている。加えて、アフロ、現代ジャズやベースミュージックといった他に類を見ないオルタナティヴ・ロックバンドthe hatchのラインナップもこの怪異な夜の愉楽を一段と奇怪で熱狂的なものへと誘うことになりそうだ。さらに、MOTORPOOLのキュレーションを手がけるMAYUDEPTHや、Contactフロアで展開する、Akey、Mari Sakuraiといったミュータント・レイヴの精鋭によるハードグルーヴは、マグマのようなダンス欲を活性化させるこの日のガイドともいえる。

それぞれに或る方向へと突出したエキスパートが交わるポイントDeath Discoが現れて消える。

 

当日、バーカウンターにウクライナをサポートするドネーションボックスを設置いたします。

皆様からお預かりした寄付金と、本イベントの経費を除いた一部収益を以下の団体へ寄付いたします。

(寄付先: UNICEF, World Food Program/WFP国連世界食糧計画(国連WFP), UNHCR 国連難民高等弁務官事務所, Japanese Red Cross 日本赤十字社, Adra Japan, Medicines Sans Frontières 国境なき医師団, AAR Japan 難民を助ける会)

STUDIO X

Golpe Mortal + VJ wquote -Live

the hatch -Live

Krikor
p.co
MAYUDEPTH (四季協会 | MOTORPOOL)

Mars89

CONTACT

Akey
Kali
Mari Sakurai
Miru shinoda

 

FOYER

8cid
Himawari
Mayu Kakihata
Michihiko Ishidomaru

 

(A-Z)

OPEN
23:00
UNDER 23
¥ 1000 
BEFORE 0AM 
¥ 1000 
GH G MEMBERS 
¥ 1500 
ADVANCE 
¥ 2000 
GH S MEMBERS 
¥ 2000 
GH MEMBERS 
¥ 2500 
 DISCOUNT 
¥ 2500 
DOOR 
¥ 3000 
GENRE
Rock
 | 
Techno
 | 
Bass

  

Death Disco, the crossing point of experts with certain directions meet

Trilogies, the monthly resident series held over 3 consecutive, invites Mars89.
Mars89’s sound has a firm sonic image yet hard to categorize in just plain words.  It’s consistent, ghost-like with intense characteristics that freely straddles the boundary between reality and imagination.  Industrial yet dubby, dark and cold with suspicious sounds, a rebel music with a roar to liberation.
Out of the Trilogies series, Mars89 is without a doubt an artist that displays the highest curation capabilities/space creation.  He has collaborated with UNDERCOVER for their collections, as well as providing music works.  He has contributed music for the documentary film of Keiichi Tanaami, and film director Toshiaki Toyoda’s film『破壊の日』(The Day of Destruction ).  Highly diverse in music/artistic sensibilities,「THE DROOGS」, released from UNDERCOVER for their collection, features remixes by Thom Yorke, Zomby, and Low Jack, as well as being featured in the playlists of Thom Yorke and 〈Warp Records〉.  Not only in music, but also fashion, film, and literature, Mars89 views everything from various angles, constructing imaginative spaces that is obscure yet concrete.
The start of Trilogies with Mars89, a rare talent gaining worldwide recognition, a revolutionary who advocates liberation from power and conceptions.

For the 2nd installment of the series, industrial/noise, powerful driving force of hard sounds, and instinctive improvisations cross paths to put Death Disco in motion.  The coldness of metal and the physical flesh coexists to expand the decadent and luscious science fiction.
For this episode, Golpe Mortal, an important figure in Japan’s industrial/wave music scene who has been featured as the supporting act for〈Hospital Productions〉showcase, for artists such as Phase Fatale and Verset Zero, will be performing live with filmmaker VJ wquote.  The dark and cold sounds of DJs and live sets fueled by powerful machines will cross paths with Mars89to display a dystopia of different landscapes.  Krikor Kouchian, currently stationed in Japan at the moment, has continued to reject the existing scene by being deeply involved in the transformation of the rave scene and the club culture in his motherland France.  The French rebel music, that resonates with the music sensibilities of Mars89, brings the unpredictable aspects of sound into his productions.  From afro to modern jazz and even bass music, the alternative rock band the hatch, truly in a class of their own, joins the lineup for this monstrous night that lures you into the world of mysteries and pleasures.  MOTORPOOL’s curator MAYUDEPTH, Contact floor’s acts Akey and Mari Sakurai will be the key guides for this evening to spark your desires to dance with their hard grooves.
Death Disco will appear and disappear at the crossing point where each expert with specific directions cross paths.

 

*A donation box will be placed at the bar counter on this day to support Ukraine.
*A percentage of this event’s proceeds, as well as the people’s donations, will be donated to the groups listed below.
Donations to: UNICEF, World Food Programme/WFP, United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR), Japanese Red Cross Society, ADRA Japan, Medicines Sans Frontières (Doctors Without Borders), Association for Aid and Relief, Japan (AAR Japan)

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。