イベントを読み込み中

CYK

THE STORY CONTINUES

CYK

大舞台を経たCYKが帰還、ゲスト陣を迎えContactで最後のパーティを開催

2022年に、Rainbow Disco ClubやFUJI ROCK FESTIVAL等に出演しエポックメイキングな体験を経たCYKが、出自であるナイトクラブに帰還する。昨年の11月振りにContactにて開催。9月のクローズを目前にした同ベニューでの最後のCYKとなる。
CYKである以上、その夜が盛大なパーティになることを私たちは期待している。と同時に、ここ数ヶ月でかつてない大観衆との最高潮を共有した今こそ、私たちが敬愛するダンスミュージックの原点に立ち帰ろうと思う。
今回のゲストは全組がCYK初出演だ。
Little Dead Girlの自身の楽曲に通ずるオーガニックなグルーヴでパーティは立ち上がる。川崎工場地帯の伝説、DK SOUNDのレジデントTraks BoysのDJにも期待せずにはいられない。夜が深みに達する頃、札幌の至宝Kuniyukiの精細極まるライヴセットが披露され、パーティのクロージングはお馴染みとなったCYKの4人ーNari、Kotsu、Naoki Takebayashi、DNGによるB2Bセットだ。
Contactフロアは、道玄坂の爆心地MITSUKIを率いるディスコ若頭YAMARCHYのロングセットでスタート。京都West Harlemで成長を遂げるホープChanazが続き、MAYUDEPTHがクィアパーティMOTORPOOLのレジデンシーで培われたタフでアイデア溢れるグルーヴでフロアを導く。KAITOによる大阪屈指の退廃的なディープハウスが迎える最後の瞬間まで、見逃せない。
また今回も、CYK初期から活動を共にするkenchan + LOYALTY FLOWERSによるインスタレーションが出現する。
今回のCYKはこれまで以上に、伝統的なダンスミュージックのグルーヴに特化したラインナップとなった。連なっていく音楽が導く場所、深夜のグルーヴに身を任せた先にある何か。多くのダンサーと共に大舞台を経験した今でも(今だからこそ)、暗い地下のフロアでのぼんやりとした美しい瞬間は忘れ難い。
数々の夜のハイライトをもたらしてきたContactという場所は終わってしまうが、これからもパーティは続いていくContactでの最後のダンスで、類い稀なるアーティスト達、そしてこの夜を期待し待ち望んでくれているクラバー諸兄と共に、ダンスミュージックがもたらす「あの瞬間」を探し求めたい。このパーティと「その瞬間」が、集った人々が先へ向かうための節目になることを切に願っている。

STUDIO X

CYK (Nari | Kotsu | Naoki Takebayashi | DNG)

Kuniyuki -Live

Little Dead Girl

Traks Boys

CONTACT

Chanaz (from Kyoto | PAL.Sounds)

KAITO (from Osaka | MOLDIVE)

MAYUDEPTH (四季協会 | MOTORPOOL)

YAMARCHY (DISKO KLUBB)

 

[VIDEO INSTALLATION]

kenchan + LOYALTY FLOWERS

 

[FOOD & COFFEE]

Hon’s Tacos
osmo coffee roaster

OPEN
22:00
UNDER 23
¥ 2000 
BEFORE 11PM 
¥ 2000 
ADVANCE 
¥ 2500 
GH S MEMBERS 
¥ 2500 
DOOR 
¥ 3000 
GENRE
House
 | 
Techno

入場料金はSTUDIO X (MISSION) 施設使用料として頂いております。   
Admissions are for the use of facility MISSION STUDIO X.

CYK returns to welcome guests for their last party to be held at Contact

After experiencing epoch-making moments in 2022 at Rainbow Disco Club and FUJI ROCK FESTIVAL, CYK returns to their nightclub roots.  This will be CYK’s final party at the venue that’s closing in September.
All the guests for this edition are first-timers at CYK’s party.
The party starts off with selections of organic grooves by Little Dead Girl.  The DJ set by Traks Boys, residents of DK SOUND in Kawasaki factory district, is also much anticipated.  As the party shifts into the depths of the evening, Sapporo’s treasure Kuniyuki performs his live set with extreme precision.  And closing the party is none other than your host CYK (Nari, Kotsu, Naoki Takebayashi, DNG).
Contact floor opens up with a long set by YAMARCHY, a young disco leader from MITSUKI located in Dogenzaka.  Chanaz, a frequent at West Harlem in Kyoto, passes the torch to MAYUDEPTH guiding the dance floor with her tough and creative grooves that she has cultivated through her residency at the queer party MOTORPOOL.  The explosive deep house by KAITO, one of the best in Osaka, will keep the momentum going until the very end.
And once again, installation will be provided by kenchan + LOYALTY FLOWERS, the team that has been working with CYK since the beginning.
Although this will be the last dance at Contact, the place that has given us many highlights from countless nights, the party will still continue.  Join us on this night filled with incomparable artists, along with clubbers alike, in search for “that moment” the dance music provides.

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。