イベントを読み込み中

Trilogies -TAKKYU ISHINO-

episode 2

Trilogies -TAKKYU ISHINO-

レジデント・シリーズの第1弾アクトに石野卓球が決定

10月からスタートするレジデント・シリーズTrilogiesの第1弾のアクトに石野卓球が決定!

毎月3週にわたって開催されるTrilogiesは、ワンアンドオンリーなアーティストをレジデントとし、今までになかったラインナップでの共演や、その独自のカラーをさらに深堀りすべく、三部作でお送りする。

記念すべき第1回に石野卓球という最高のラインナップが実現した。電気グルーヴとしてはもちろん、世界最大のベルリンのテクノ・フェスティバルLove Paradeでの150万人を前にしたプレイや、日本テクノ史上最大規模のフェスWIREの主催などの数え切れないほどの伝説は、体験者の思い出に依存的な風景を残しているかもしれない。

鮮明な夢を見ているようなトリッピーな感覚と会場をつつむ巨大な共感、日本で最もポピュラーなアンダーグラウンド石野卓球の魔力的なDJが、Contact3週間をジャックする。

 

石野卓球が日本にレイヴカルチャーが普及する以前からのシーンの中心人物であることは言うまでもない。90年代後半から00年代の国内におけるレイヴ全盛期には、WIREの開催はもちろん、RAINBOWやmetamorphoseといったシーンを象徴するレイヴへの出演など、日本にレイヴ文化を定着させた仕掛け人と言える。episode2のこの日は、全盛期からの継承と変質を繰り返す現行レイヴと、密接な関わりをもつキーマンが共演。3週にわたるTAKKYU ISHINO -Trilogies-の中でも最もフレッシュな刺激と特異な高揚を味わうことができるかもしれない。
〈BLACK SMOKER RECORDS〉からのミックスCDや、イギリスElectronic ExplorationsやフランスRINSE RADIOへのミックス提供など、¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$Uは国内外から注目されながらも、その独自の世界観の限界値を積極的に壊してきた。リスナーの想像を悠々と裏切る音楽宇宙は、石野卓球との驚くべき化学反応をみせるに違いない。さらに、ラッパー/ビートメイカーJUBEEによるプロジェクトRave Racersによるデジタルネイティブ以降の音像をフックにした最新のエレクトロニクスもこの回にさらに一つの含みをもたせることになる。Foyerフロアに展開するレイヴクルーの最先鋒SPEEDは、海外のウェアハウスパーティや60年代のアメリカを思わせるカウンターカルチャーのエネルギーと強烈な音楽愛で無二のユートピアを築いてきた。
Contactフロアとの連動も興味深く、インディペンデント・フェス/レーベルの金字塔KAIKOOを主催する孤高BAKUや、好きなアーティストに電気グルーヴを挙げる、TVアニメ「魔法少女マジカルデストロイヤーズ」原作JUN INAGAWA。さらに、ベーシストKenKenのDJセットとGAKU ENDOとのスペシャル・ライヴセットでの登場や、札幌を飛び越え全国的に活動し注目を集めるオルタナティブ・バンド the hatchのフロントマンMidoriによるジャンルレスなDJセットなど、3フロアでゲリラ的な爆発が頻発することは想像に容易い。episode2のこの日は、音楽の冒険者に期待以上の裏切りと興奮が約束されている。

STUDIO X

TAKKYU ISHINO
¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U
Rave Racers
Baby Loci + sudden star

 

[LASER]

MES

CONTACT

BAKU (KAIKOO)

KenKen (BASS HERO)

JUN INAGAWA
Midori (the hatch)

GAKU ENDO (Give Up Guys)

 

FOYER -SPEED-

RSC -Live
DIV☆
taga
Wa?ste
ARUTA (FRONTIER)

YNZ VALENTINE

OPEN
22:00
UNDER 23
¥ 1000 
BEFORE 11PM 
¥ 1000 
GH G MEMBERS 
¥ 2000 
ADVANCE 
¥ 2500 
GH S MEMBERS 
¥ 2500 
GH MEMBERS 
¥ 3000 
DOOR 
¥ 3500 
3DAY PASS TICKET 
¥ 5000 ※e+ イープラス※ZAIKO
GENRE
Techno

  

入場料金はSTUDIO X (MISSION) 施設使用料として頂いております。   
Admissions are for the use of facility MISSION STUDIO X.

The new resident series Trilogies, starting in October, welcomes Takkyu Ishino for its vol.1.
Trilogies, 3 episodes weekly every month, invites a one and only type of artist as a resident to share the stage with a lineup that they have never seen before, and deepening the colors of each act.
To kick off the 1st of many series to come is none other than Takkyu Ishino.  Known for his infamous group 電気グルーヴ (Denki Groove), he has played for a crowd of 1,500,000 people at Love Parade in Berlin, the biggest techno festival in the world, as well as organizing WIRE, Japan’s biggest techno festival in history, Takkyu Ishino is a true legend in his own right.
Japan’s most popular underground Takkyu Ishino will be taking over Contact for 3 weeks, providing a vivid and trippy dreamlike state with his enchanting DJ sets.

 

Takkyu Ishino has been a central figure in the scene before the rave culture spread to Japan.  From the late 90’s to 00’s, the heyday of Japan’s rave scene, he has performed at symbolic raves such as his own WIRE, RAINBOW, and METAMORPHOSE.  For episode2, key persons closely linked to the succession of the heyday into the current rave scene co-star.  This episode of TAKKYU ISHINO -Trilogies-, held over the course of 3 weeks, may possibly turn out to be the freshest of them all.
Releasing a mix CD from〈BLACK SMOKER RECORDS〉to contributing mixes for UK’s Electronic Explorations and Rinse Radio in France, ¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U is sought-after around the world for his distinct approach in breaking the barriers.  His music and sensibilities, surprising the listeners beyond expectations, is bound to show an astonishing chemical reaction with Takkyu Ishino.  Rapper/Beatmaker JUBEE’s project Rave Racers will be showcasing the latest electronic music.  Foyer floor, curated by the rave crew SPEED, will create a utopia reminiscent of the warehouse parties and the counterculture of the 60’s in America.
Contact floor will also be something of interest.  The independent festival/labelKAIKOO’s boss BAKU, JUN INAGAWA, a revolutionary of the otaku culture who cites Denki Grooves to his favorite artists, DJ set by bassist KenKen along with a special live set with GAKU ENDO, and a genreless DJ set by Midori, the front man of the alternative band the hatch.  With music voyagers gathered for episode2, a night of unexpected surprises and excitement is promised.

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。